子供時代にわきが治療をしたお話

わきがに悩む人は多い

子供 わきが子供の世界で、わきがの臭いっていつから気づきますか?わきが対策 - (旧)ふり ...

私は高1の頃に、自分がわきがであることを自覚しました。
もともと学生時代は地味な男子といった感じで恥ずかしがり屋でもあったので、同じクラスの活発な男子や意中の女子にどう思われているのか非常に悩んだものです。
まず自覚をするきっかけになったのが、シャツの黄ばみでした。
ある日汗をかいたから着替えようとすると、ワキが触れる部分の生地が黄色くなっているではありませんか。
これは何だろうと思いニオイを嗅いでみたところ、鼻を突くようなニオイがしたのを覚えています。
その後もしやとワキに顔を近付けると、明らかにそこが発生源でした。
このとき感じたのは、いつからこうなったのだろうという恐怖感です。
自分には自覚がなくとも、周囲にはニオイを振り撒いていたかもしれません。
陰口を言われているのではないだろうか、誰に相談すればいいのか、不安で不安で仕方がなかった記憶があります。
しかし自分だけではどうにもできないと悟った私は、後日母親に相談をしました。
すると近くにある皮膚科に行くよう促され、私はすぐに受診をしたのです。
診察が始まると先生は丁重に問診をしてくれ、とても気を遣ってくれているのが判りました。
同時に同じように子供でわきがに悩む人は多いと教えてくれ、孤独感がとても軽くなり嬉しかったです。

わきがに悩む人は多い最低でも3回は同様のレーザーを当てるレーザー治療なら傷も残りません